古民家再生REPRODUCTION
OF OLD HOUSE

古民家は「先人が残してくれた貴重な遺産」です。

「木と紙と土」で構成された日本の民家は、その土地の気候風土により、それぞれが固有の建築形態を長い年月を経て熟成させてきました。構造の柱や梁から建具一つにいたるまで、古民家には地場で育った太い良材が惜しげもなく使われています。
中にはもうお金では替えられないような銘木も見られ、それらはご家族にとってかけがえのない財産です。先祖代々の家を残したい、と思われる方は少なくありません。
その美しい建築空間に住むことは、日本人が大切にしてきた「思いやるこころ」を家族全員が育てられる空間でもあります。かつては障子一枚・ふすま一枚の仕切だけでも、互いのプライバシーを確保できました。

現代に蘇る古民家

時代が変わり、社会構造が大きく変化して、旧態依然とした住居形態を踏襲して再生するだけでは、現代人の住まいに成りえません。
「再生」というと、よく建てた当時の状態を取り戻すことだと思われていますが、私たちが考える「再生」は今のご家族の暮らしぶりに合った、本当に住みやすい家をご提案することだと考えております。
先人が残してくれた古民家の「今」を大切に住む。そして「未来へ繋ぐ」ための古民家再生の「形」を提案いたします。

お住まいの事 何でもご相談ください!!

お電話はこちら0598-31-1993

メールはこちら

PAGE TOP